地盤調査、資料調査、地盤改良、地盤補強、一般土木工事のことならアキュテック。土質の調査から設計・改良まで、安心・丁寧な作業で未来を支えるお手伝い。

アキュテック

 TEL/076-291-7911    FAX/076-291-7997

アキュテック

MENU

技術とサービス 地盤を補強(建築)

地盤改良とは

地盤調査の結果、軟弱地盤と診断された土地に対し、建設する住宅が耐えられるよう基礎の下の地盤を補強することです。

地盤改良をするには?

地盤の構造や建設する建物により改良工法が異なるので、最適な工法を選択する必要があります。



表層地盤改良

詳細情報

軟弱地盤の層が地表から2m以内の場合であれば、土とセメントを混合させることにより軟弱地盤層の強度を上げる工法が採用されます。良好な地盤層と一体化させることで支持地盤をつくる工法です。

作業風景

表層地盤改良の施工手順

手順1

掘削

基礎下までの表土を掘削し、場内に仮置きします。

手順2

材料添加

土質、設計荷重を考慮し、所定量の固化材を添加します。

手順3

撹拌

バックホウや攪拌機で、土と添加材料の区別がつかなくなるように十分に混合します。

手順4

整地・転圧

基準の高さにあわせながら、バックホウで仮転圧します。

手順5

転圧

最後に仕上げ転圧をおこないます。
※天候、土質状況によってはローラーによる転圧ができない場合があります。
※天候、土質状況によっては上記手順が前後する事があります。

Page Top

クロスウイングコラム工法

詳細情報

軟弱地盤が2m〜8m以下の場合に用いられる方法で土の中にコンクリートの柱をつくり良好な地盤層で支持させる工法です。

作業機械作業機械


小規模建築物

小規模建築物

中層建築物

中層建築物

擁壁

擁壁

鉄塔

鉄塔

Page Top

Σ- i 工法

詳細情報

住宅などの小規模建物の地盤補強対策として、鋼管杭によるさまざまな工法が開発されています。Σ-iは先端に4枚の掘削刃とスパイラル状の翼部が取り付けられた杭を地盤中に回転しながら貫入させる工法です。Σ-iは、高い杭性能を確保しながら施工の信頼性・安全性に加え環境や近隣への配慮など地盤の補強に必要なあらゆる要素を集大成した工法です。

作業機械

先端

Σ-iの施工

手順1

杭の立て込み

杭を吊り込んで回転駆動治具に装着し、下部を振れ止め装置で固定し、施工機械を杭芯にセットする。

手順2

杭の回転貫入埋設

杭の鉛直性を確認後、回転させながら圧力を加え貫入させる。

手順3

杭の接続

下杭を貫入後、溶接または機械式継手により上杭を接続し、更に貫入を続ける。

手順4

埋設完了

支持層への根入り深さが確保されていることをトルク値などにより確認して、埋設を完了する。


Σ-iの用途

Σ-iの用途

木造3階建て住宅

コンクリート造小規模建物

L型擁壁

擁壁に近い建物

※Σ-iの適用構造物:①地上3階建て以下、②高さ13m以下、③軒高さ9m以下、④延べ床面積5,000㎡以下の建築物、および、高さ3.5m以下の擁壁

Page Top

しん兵衛工法

詳細情報

しん兵衛工法は独自の攪拌装置により築造された、ソイルセメントコラムの中心に節付細径鋼管を埋設し、セメントコラムと芯材を一体化させることにより、その耐力と剛性から地盤の支持力を有効に発揮させる工法です。


特 長

幅広い地盤に対して 高支持力
コラム + 芯材 = 高耐力
環境配慮の 残土減少

作業風景

節付細径鋼管節付細径鋼管

しん兵衛工法の施工手順

しん兵衛工法の施工手順

工程1、2工程3、4工程5、6工程7、8、9

Page Top

RES-P工法

詳細情報

RES-P工法はパイルド・ラフト基礎工法の一種です。弱い地盤中にパイプ(細径鋼管)を貫入して、地盤とパイプの複合作用で地盤を強くして沈下を防ぐ、住宅の基礎地盤補強工法です。RES-P工法は旧38条大臣認定・財団法人日本建築センターの評定[BCJ-F872]・財団法人日本建築総合試験所の技術性能証明評価[性能評価第04-02号]を取得し、「戸建住宅の基礎地盤補強研究会」により設計・施工・監理が統一して運用されています。

作業機械

作業風景

RES-P工法の施工手順

パイプの建て込み

パイプの頭部に貫入装置のロッドをセットし、パイプ芯位置にパイプを建て込む。

鉛直度調整

パイプの垂直性を、リーダーを鉛直にすることにより保つ。

回転圧入

貫入装置の圧入力および回転力によりパイプを貫入する。

貫入深さ確認

パイプの貫入深さおよび貫入抵抗を記録する。

施工準備

施工機械の設置

パイプの建込み

鉛直度調整

回転圧入

貫入深さ確認

貫入抵抗の測定

施工完了

Page Top

ピュアパイル工法

詳細情報

ピュアパイル工法は、セメントミルクを地中でそのまま杭状に固化させるため、 地盤種別によらず、高品質で高支持力を発揮する安心確実な工法です。

作業機械

掘り起こしたピュアパイル

ピュアパイル工法の施工手順

施工手順

手順1、2

手順3

手順4

手順5

手順6

Page Top

沈下修復工事

詳細情報

もともと地盤が軟弱だったり、近隣の掘削工事や振動などによって地盤沈下が引き起こされ、家が傾くことがあります。このような場合に、沈下修復工事によって傾いた家を水平に戻します。

作業機械

沈下イラスト

アンダービニング工法の施工手順

手順1

掘削

ジャッキ据付位置を中心にスペースを考慮して正確に掘削します。

手順2

鋼管・油圧ジャッキ配置

短くした鋼管を建て込み、油圧ジャッキを据付ます。

手順3

鋼管圧入-1

建物の重さを利用して油圧ジャッキで鋼管を圧入します。

手順4

鋼管圧入-2

新たな鋼管を溶接し、支持層に到達するまで圧入します。

手順5

ジャッキ台取り付け

鋼管が支持層に到達したらジャッキ台を取り付けます。

手順6

ジャッキアップ

油圧ジャッキを全箇所セットして建物をあげていきます。

手順7

埋戻し

建物が正常な状態に戻った後、埋め戻しを行います。

手順8

モルタル注入・整地

最後に、補強の為に鋼管と基礎との結合部にモルタルを注入し、整地を行います。
※掘削が深い場合は土留めが必要

アキュテック株式会社

〒921-8002 石川県金沢市玉鉾4丁目73番地
■TEL/076-291-7911  ■FAX/076-291-7997

Copyright(C) 2004 ACCUTECH INC.All Rights Reserved.

アキュテック株式会社

〒921-80002
石川県金沢市玉鉾4丁目73番地
TEL 076-291-7911
FAX 076-291-7997

技術とサービス

  1. 地盤を知る
  2. 地盤を調べる
  3. 地盤を補強
  4. 地盤を造る
Copyright(C) 2016 ACCUTECH INC.All Rights Reserved.